風が吹くまま

障がいがあっても風が吹くまま頑張っている人たちと一緒に

広汎性発達障害の大学生が一番難しかったことは勉強じゃなかった。

   

広汎性発達障害の大学生が一番難しかったことは勉強じゃなかった。

私は、小学三年生の時にアスペルガー症候群を確診しました。
成長すれば少しずつ周りに適合していくと言われています、
ですが、大学生になれる年齢になっても違和感を感じます。

スポンサーリンク

前半戦:空気読めない

よく勉強して、友達をたくさん作って、
幸せな学校生活を送る意気込みで大学に行きました。
まわりに気を遣わせることが迷惑だと思い、
障がい者であることを隠していました。

ところが、
「へぇ~よくわかんない~」
「それおもしろいね!」
「今度行きましょう!」などなど…
社交辞令を真に受けて、相手が興味ゼロなのもよくわからず、
ペラペラと話して「空気の読めない」子になってしまいました。
だんだんと気まずくなって、友達を作ることが怖くなりました。
もちろん、受け入れてくれた子もいて、卒業した今も大事にしています。

「アスペルガー症候群」

大学生活も半分を過ぎ、就職に向けて準備する頃がやってきました。
そこで、「適性検査」というものを受けました。
聞かれたことに関して素直に書いていき、結果を待つ。
検査結果の用紙を開くと、結果は予想通りのものでした。
言語、算数などの学力テストは誰も文句を言えない点数に対して、
対人関係、協調性に関してはほぼ0点でした。
アスペルガー症候群の特徴の一つは、
得意のものと苦手なものが極端にわかれることです。

スポンサーリンク

このまま黙っていてもどうしようもないと思って、
就職活動の担当の先生にカミングアウトしました。

後半戦:適材適所

「空気を読めないと困る」と言われるのが怖かったです。
ところが、先生からの返事は意外な言葉でした。
「対策をして、自分に合う仕事を探せばいい!」と。
就職の先生が発達障害の研究をされている先生に相談してくださって、
「アスペルガー症候群」についての特徴を聞いてくださって、
向いている仕事を紹介してくださいました。
先生方のおかげで私は職を手に入れました。
得意な記憶力を活かし、様々な資料を覚えて、
観光客へ旅行プランを作るお仕事です。

まとめ

99%の人と違うだからこそ、特別な名前で区別されるようになります。
違うだからって、劣っているわけではありません。
得意なものが誰にも自慢できるように上手で、
不得意なものがびっくりするほど下手なだけです。

無理に99%の人と同じようになるのではなく、
自分の得意と下手をよく区別することが大事だと思います。
すべてな人に好かれることはないのは健常者も同じです。
性格が合わないもいるように、理解して受け入れてくれる人もいます。
素直に自分のことを受け入れ、それに合わせての生活スタイルをみつけましょう。

スポンサーリンク

 - 学校

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

自閉症スペクトラムの子供の不登校の対応は?

スポンサーリンク 自閉症スペクトラムの子どもが不登校となった場合、どうすればよい …

発達障害児の息子が宿泊学習に参加するまでの学校との密な段取りは必須

小学校生活の中では、小5で行く宿泊学習と小6で行く修学旅行という2大イベントがあ …

発達障害&不登校の息子が修学旅行に行く前に学校にお願いしたこと

息子はADHDとPDDがあり、特別支援級の情緒クラスに在籍しています。 しかし月 …

発達障害の子供への教育のありかたとは?

発達障害があっても、勉強ができる子もいる 私の兄は軽度の発達障害です。 勉強の仕 …

発達障害の子供の学校での居場所は普通級か支援級か?

小学校入学前に一番悩むのが、普通級か支援級かです。 私も長男が入学前は療育の先生 …

発達障害&不登校の息子の為に宿泊学習に向けて事前にしたこと

いつもと違うことを好まない発達障害を持つお子さんが、親元を離れ其れも宿泊までする …

発達障害の二次障害になった子供が不登校になった時の卒業アルバムはどうするか

私の息子は小2から不登校になりました。 不登校であっても着実に年月は経ち、小6の …

発達障害の子供が学校に行けなくなって不登校になってしまったらどうしたらいい?

発達障害の診断がついてる子を育ててる家庭。 うちの子はもしかして発達障害かしら? …

子供の偏食と発達障害の関係は?原因はこだわりからきてるの?

スポンサーリンク 子どもの頃、あれが嫌い、これが食べたくないというのは誰にでもあ …

発達障害の子供のために学校に個人支援計画という役立つツールがあるのを知っていますか?

みなさん、個人支援計画というものはご存知でしょうか? 地域によっては呼び名が微妙 …