風が吹くまま

障がいがあっても風が吹くまま頑張っている人たちと一緒に

発達障害をもつ子供さんを育てる方におススメの本!

   

私の息子はADHDで、その中でもいわゆるジャイアン型と言われるタイプです。

のび太型のような不注意やぼんやりが目立つタイプではなく、

衝動的で感情の起伏が激しい分、感情のコントロールが出来ないことでイライラしやすく、

人や物へ当たったりしてしまう機会がとても多いのです。

こんな状況が多ければ多いほど、本人が辛いのはもちろんの事、

周りにいる家族も辛いですし、他人にこのような行動が出てしまえばあっという間に信頼を失いますよね。

そこで怒りのコントロール「アンガーマネージメント」という言葉を医師から教えていただき、とても為になったのでこの本をみなさんにご紹介したいと思いました。

スポンサーリンク

ポイントはさりげなく置く事

現在中学2年の息子ですが、小学生の時から瞬間湯沸かし器のように、

周りには思いもつかないことでカーッとすぐに怒り出し、暴力が出てしまうことが多々ありました。

何に怒ってるかが分からない事の方が大半で、周りはきょとんとしながらも取り乱して叩いてくる息子からの攻撃に防御するしか手立てがありません。

医師にも相談し、いろんな方法を試したり、怒りに繋がらないような環境づくりに精を出し、今も毎日を送っています。

半年前のことです。

「アンガーマネージメントをご存知ですか?」と医師に聞かれました。

恥ずかしながら、私は初めて知ったのです。

アンガーマネージメントとは、「怒り」と付き合うための心理トレーニングです。

考え方やスキルを身につける事で、怒りの感情に振り回されず、周りを傷つけることなく、

そして自身も健やかに生きていけるためのものなのです。

息子自身、自分でもなぜ怒りが暴力に転化してしまうのか分かっていないと思います。

だけど、親から力説されてもすんなり心に染みる年齢でもありません。

思春期という壁がより一層、難しくしていました。

「この本を読みなさい。と渡されれば拒絶をするでしょう。

スポンサーリンク

さりげなくいつも目に入るところに置いておいてください。

そのくらいがちょうどいいから。

親が読もうと思って買ってきた~くらいの気持ちがいいです」

と医師に言われ、早速本屋さんへ駆け込むことにしました。

本人に合った本選びを

アンガーマネージメントの本はたくさんの種類があります。

医師の話によると、発達障害者向けの本もあるそうなんですが、息子は告知が済んでいないので、社会人向けの本をセレクトすることにしました。

マンガでわかりやすく解説しているものもあり、息子はアニメが好きなので、

息子が興味を引きそうな絵柄のもの、そして読みやすく分かりやすいものを入念に吟味して選びました。

何はともあれ、興味を引かねば、そして本を手に取らねば話にならないと思ったからです。

いざ購入し、リビングのテーブルに置きましたが「何これ~」と興味は示したものの、

手に取って読むには至らず、「まぁ・・・そんなものだよね」と過度な期待をしてなかったからか、そのまま月日が流れていきました。

それから半年の現在、「この本、部屋に持っていくねー」と読み始めた息子!!

やはりゆっくりながらも成長してるんですね。

それを読んだからと言って、何かが大きく変わることはないかもしれません。

しかし、「怒りとは」という事に向き合い、たとえ自分に照らしあわせずとも、知ることは息子にとって大きな一歩かと思っています。

まとめ

今回は怒りをコントロールができない息子を例題に書いてきましたが、

発達障害児を育てる親である私でも、とても勉強になりました。

息子のような子を育てていると、イライラすることもしょっちゅうです。

そのイライラの根底にあるものが何なのかを、本の中で明かしてくれます。

私はどれも自分に思い当たる節があって、考え方の癖を見直すいい機会にもなりました。

暴力行為があるお子さんをお持ちでない方も、

「アンガーマネージメントの本」を読まれることで、子育てに少しでも余裕が生まれて、

親子共に健やかに暮らせる日々をと願っています。

スポンサーリンク

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

子供の偏食で発達障害がある場合は特に好き嫌いが激しい?

子供の偏食はよくあることですよね。 でも発達障害がある場合は特に好き嫌いが激しい …

広汎性発達障害の記憶はほかの人が驚くほどすごいこともあるけど困ったこともある!

スポンサーリンク 「どうしてわかるの?」がわからない不思議な頭されることも・・・ …

発達障害の子供の勉強方法はその子にあった方法を見つけるために親も勉強が必要?

勉強の方法は人それぞれです。 紙にひたすら書いて記憶する人、問題文をいくつも解い …

子供のチックと発達障害の関連はあるの?大人になっても治らないの?

発達障害の子どもの場合、脳が原因で起こる他の障害を併発することが多いようです。 …

子供が発達障害の場合のストレスの感じ方は?ほかの人よりも敏感なの?

子供が発達障害の場合のストレスはほかから見たらほんの些細なことかもしれません。 …

発達障害の子供との関わり方で臨機応変が難しい時の対応は?我が家の工夫をご紹介!

私の息子は現在中学2年生です。 以前からその場に合った対応、状況に合わせた行動と …

発達障害の子供の習い事を選ぶ最優先は?選び方や継続の方法は?

発達障害の子供を持つ親も子供のためになにか習い事をさせたいと思っている方は多いで …

発達障害の子供の薬でストラテラを試そうか悩んでいる方へ

発達障害の子供の薬については賛否両論があるかと思います。 私の息子は小6の終わり …

発達障害の子供にとって本ってどんな役割なの?おすすめのものは?

スポンサーリンク 発達障害の子供が脳を活性化するためにも本を読むことは非常に有効 …

子供がすごく不器用なときは発達障害かもしれない?どれぐらいが判断基準?

子供の中でもなんでも器用にこなす子と、本当に不器用な子といると思います。 スポン …