風が吹くまま

障がいがあっても風が吹くまま頑張っている人たちと一緒に

発達障害の子供はいつかは治るの?どうすればいい?

   

発達障害の子供を持つ親は少なからずいつかは治るのだろうかと淡い期待はしているのではないでしょうか。

そもそも発達障害は治るものなのでしょうか?

親の期待とは別に子供はどんどん成長していきます。
その成長の過程で発達障害が治っていくものなのでしょうか?

私なりの考えをお伝えしようと思います。

スポンサーリンク

発達障害の子供はいつかは治るの?

長男は検査を受けた結果、言語の発達が遅いと分かって4歳から週一回、療育を受け始めました。
始めの頃は、自分の子が発達障害だということが受け入れられず小学校に入学するまでには治るという希望を抱いていました。

初めて療育センターを訪れた時、夫が長男の担当の先生に「うちの子はここに通ったら治るんですか?」と聞いて先生が答えに困っていたのを覚えています。

私や夫が発達障害について全くの無知で、しかも長男が今どういう状態なのかも理解できておらず、療育とはどういうものなのかもわからないまま、流されるままに長男の療育が始まりました。

普通の子になってほしい

保育所では先生も長男の発達障害を理解してくれていて、指示をみんなに出した後、長男に個人的に指示してくれたり、みんなの中に入れるようにサポートしてくれたりと本当にお世話になりました。

長男は小学校入学が近づくにつれて、できることとできないことが他の子とずいぶん差ができてしまいました。

それでも、療育の先生や、保育所の先生のサポートのおかげで、劇やダンスなどギリギリみんなについていけるところまで成長できました。

長男は少しずつ普通の子に近づいていると私は思っていました。

スポンサーリンク

知能に遅れはなかったので、小学校では普通学級で普通に勉強してお友達もそのうちできて、療育も辞めれるんじゃないかと勝手に妄想していました。

今振りかえると、それは大きな間違いだったと反省しています。

私の気持ちの問題で、結局私は長男の事を何も理解してあげられていなかったんだと思います。

発達障害は治すものではない

発達障害を治そうとすると、親も子供もしんどくなってしまいます。

できない事ばかりが目についてしまうからです。

発達障害は治すのではなく、向き合うことが大切なんだと今の私は感じています。

小学校に入学してから長男は折り紙が大好きになりました。

始めは自分で折れなくて私にばかり折らせていました。

私は折り紙の本とにらめっこの毎日でした。

少しすると、長男は学童で自分で毎日新しい折り紙に挑戦して、私も折れないほどの難しい作品を折って持って帰ってくるようになりました。

そして、いつからか長男は折り紙が得意な子として周りのお友達から認められるようになっていました。

それが今、長男の自信にもつながっています。

それまでは学童で1人で折り紙ばかり折っていた長男ですが、最近ではお友達と一緒にブロックやトランプ、戦いごっこなどをして遊ぶようになりました。

これは一つの例ですが、得意な事を伸ばしてあげると自信につながり、自信は成長につながると実感した出来事でした。

まとめ

親が子供の発達障害を受け入れる。

これが出発点なんだと思います。

子供の得意不得意を理解して、不得意を治すのではなく、得意を伸ばしてあげる。

そんなイメージで子供と接するようにしています。

そして、これは普通の子の育児にもあてはまると思います。

だから、発達障害の子を育てるのは特別なことじゃないんだと今は思うのです。

スポンサーリンク

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

発達障害の子供の薬の上手な付き合い方は?効果はどれぐらい?

発達障害の子供の薬はいろんな種類があります。 私の息子はストラテラの他に、リスパ …

発達障害の子供の薬でストラテラを試そうか悩んでいる方へ

発達障害の子供の薬については賛否両論があるかと思います。 私の息子は小6の終わり …

広汎性発達障害の記憶はほかの人が驚くほどすごいこともあるけど困ったこともある!

スポンサーリンク 「どうしてわかるの?」がわからない不思議な頭されることも・・・ …

発達障害の子供の育て方で昼夜逆転を阻止するよりも大事なこととは?

息子は小2で不登校になりました。 スポンサーリンク 5年生の頃までは、小さい頃か …

発達障害の子供は苦手なことがたくさん?日常のこんなことも苦手なの?

発達障害の子供はにはいろんな苦手があります。 例えば自由にしてもいいと言われると …

子供のチックと発達障害の関連はあるの?大人になっても治らないの?

発達障害の子どもの場合、脳が原因で起こる他の障害を併発することが多いようです。 …

発達障害かもしれない子供のグレーゾーンってどこからどこまで?

発達障害かもしれない子供って「かも?」って思うけどどうなんかちょっとわかりずらい …

発達障害の子供との関わり方で臨機応変が難しい時の対応は?我が家の工夫をご紹介!

私の息子は現在中学2年生です。 以前からその場に合った対応、状況に合わせた行動と …

広汎性発達障害の子供は、ゲームを使っての協調性を楽しく育てよう!

スポンサーリンク 広汎性発達障害の子供達は、なかなか集団行動を「どう動いてどう協 …

発達障害の子供かどうかのグレーゾーンである息子の苦悩

発達障害の子供かどうかまだなんとも言えないとうグレーゾーンの枠にいる子供たちはた …