風が吹くまま

障がいがあっても風が吹くまま頑張っている人たちと一緒に

発達障害の子供への教育のありかたとは?

   

発達障害があっても、勉強ができる子もいる

私の兄は軽度の発達障害です。

勉強の仕方が分からず、塾などへも行かせたことはあるものの、中学生のころまではテストでも赤点ばかり。

ですが、私の母が丁寧に勉強の仕方を教えてあげました。

元来、努力家な性格の兄は、繰り返し教えてもらった通りに勉強を続けました。

すると、高校生の時には普通科の高校でなんとクラスでも上位の成績になったのです。

これは、兄の努力ももちろんですが、母が一生懸命勉強の仕方を教えたからこういった結果になったのだと思います。

難しいことではありません。健常者と何ら変わりのない勉強の仕方を、根気よく教えてあげるだけです。

スポンサーリンク

勉強の仕方を教えるということ

私の兄は、普通科の学校に進学するのは難しいと言われていました。

それでも両親は諦めず、兄を普通科の学校へと進学させ、しかもその学校で上位の成績を取らせることができたのです。

別に、つきっきりで勉強をずっと教えていた訳ではありません。

勉強の方法、例えば覚えられない単語はノートに繰り返し書くとか、解けなかった問題はもう一度公式を当てはめて解いてみるとか、普通の人が普通に勉強している方法を、ただ教えてあげるだけでいいのです。

そうすることで、その勉強の方法さえ覚えてしまえば、あとは本人の努力次第です。

発達障害の子供は努力家な子が多い印象なので、この方法は多くの子供に当てはめることができるのではないかと私は考えます。

必ずしも普通科の学校に通えない訳ではない

前述した通り、私の兄はお医者様に普通の学校に通うのは難しいと言われていました。

それでも両親と本人の努力の甲斐あってか、普通科の学校でずっと過ごすことができました。

もちろん、その子にあった教育を受けさせてあげることが一番重要なのだと思います。

スポンサーリンク

だけど、お医者様の診断通りに普通科の学校を諦める前に、少しだけ努力してみませんか?

もちろん、誰もが必ずしも普通科の学校に通える訳ではないのだと思いますし、必ずしも普通科の学校に通うことがその子にとって正解とも限りません。

ですが、私の兄のように、普通科の学校に通うことができ、それがプラスに働くことだってあるのです。

少しだけ視野を広く持って、自分の子供には何が合っているのか、自分の子供にどうあって欲しいのか、考えてみることが大事なのではないかと思います。

適宜、その子にあった教育を受けさせるべき

私の兄は、普通科の学校に通うことができてよかったのだと思います。

ですが、そうでない子もたくさんいると思います。

重要なのは、その子により寄り添っている教育を受けさせることだと私は考えます。

重度の発達障害の子供を無理やり普通科の学校に入学させても、その子をサポートしてくれる先生や生徒はいますか?

もしいないのだとしたら、つらいのはその子ではないのでしょうか?

逆に普通科に通えるかもしれない子を、可哀想だからと普通科の学校に行かせないことは、本当に正しいのでしょうか?

その判断は、とても難しいと思います。

失敗してしまうこともあるかもしれません。

ですが、人は強いです。

置かれた環境で、たくましく生きることができます。

私の兄もいじめにあいながらも、優しい友人に救われて、なんとか高校を卒業できました。

教育においては、絶対がありません。それは健常者も障害者も同じことだと思います。

今は養護学校や通信制の学校など、さまざまな選択肢があります。

もしも失敗した、と思っても、また別の場所で頑張ればいいのです。

恐れず、自分の子供にどうなって欲しいのか、どうあることが幸せなのか、それを一番に考えてあげてください。

まとめ

障がいの度合いは人それぞれです。

その人にあった教育に寄り添うことが大切だと思います。

やりもしないのにできないと決め付けるのではなく、周りが理解しながら小さなステップを積み重ねていくとできないこともできるようになることもあります。

そういった教育をしていく必要があるのではないかと思います。

スポンサーリンク

 - 学校

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

発達障害の子供が学校に行けなくなって不登校になってしまったらどうしたらいい?

発達障害の診断がついてる子を育ててる家庭。 うちの子はもしかして発達障害かしら? …

発達障害児の息子が宿泊学習に参加できなかった理由

息子は発達障害があり、現在中2で不登校中です。 小5の宿泊学習を控えてる時期も保 …

広汎性発達障害の大学生が一番難しかったことは勉強じゃなかった。

広汎性発達障害の大学生が一番難しかったことは勉強じゃなかった。 スポンサーリンク …

発達障害の子供の学校(進路)の選択肢と親ができることは?

発達障害の子供の行く学校はどうやって選べばいいのでしょうか? 私が幼少期の頃より …

発達障害の子供が勉強出来る場所は?支援級だと勉強が遅れる?

発達障害の子供が勉強に取り組む場所として、通常学級または支援学級のどちらにするか …

発達障害の子供が学校へ行くのが楽しいと思えるのは先生による?

発達障害の子供が学校に楽しく行くことができるのはいろんな要素が必要になります。 …

発達障害児の息子が宿泊学習に参加するまでの学校との密な段取りは必須

小学校生活の中では、小5で行く宿泊学習と小6で行く修学旅行という2大イベントがあ …

自閉症スペクトラムの子供の不登校の対応は?

スポンサーリンク 自閉症スペクトラムの子どもが不登校となった場合、どうすればよい …

発達障害の子供は保育園ではどうゆう生活をしているの?コミュニケーションはどうしてる?

発達障害の子供が保育園という小さな社会で生活するのは大変なことです。 保育園に行 …

発達障害の子供の学校での居場所は普通級か支援級か?

小学校入学前に一番悩むのが、普通級か支援級かです。 私も長男が入学前は療育の先生 …