風が吹くまま

障がいがあっても風が吹くまま頑張っている人たちと一緒に

発達障害&不登校の息子が修学旅行に行く前に学校にお願いしたこと

      2017/07/28

息子はADHDとPDDがあり、特別支援級の情緒クラスに在籍しています。

しかし月の中で出席よりも断然欠席の方が多い、不登校児です。

小学6年生に進級して数日後には、5月に控えた一泊二日の修学旅行の出欠用紙が手元に届きました。

小学5年の宿泊学習は、学校の無理解で参加できなかったので、

夫婦で何か月も前から「修学旅行はどうするか」と話し合ってきました。

その結果を担任の先生に伝えるべく、お時間をとっていただきました。

スポンサーリンク

発達障害の子供が修学旅行に行くための親の切なる願いとは

放課後の時間を割いていただき、一対一で担任の先生とお話ししました。

こちらの要望は、

☆親も同伴したいこと

これは全てにおいて、行動を共にするという意味ではありません。

見えない場所でも、何かあれば駆けつけられる近い場所に待機するということです。

発達障害かつ不登校である息子にとって、一泊二日とはいえ、相当なチャレンジになります。

日頃から登校し集団活動を難なくこなしていれば大丈夫かもしれませんが、

そうではない息子にとって、「親がいつでも近くにいる」という安心材料があれば、

ちょっとした本人にとっての困難も乗り越えられるのではないかという希望です。

そしてもし途中で無理だと思ったら、息子を親が引き取り、修学旅行を抜けて親子旅行に切り替え、

楽しい思い出のまま繋いでいきたい。

それが未来の息子へのプラスになると思ったのです。

学校側の負担を少なくするために

二つ目の要望は、

☆本人が参加したいイベントを単発でやらせてあげたい

そもそも修学旅行とは、短い期間でたくさんのイベントをこなすための弾丸ツアーのようなものです。

迫りくる時間に追われるように、たくさんの段取りを速やかに行わなければなりません。

集団行動に慣れていない息子、羅列された文字で説明されると理解しにくい特性の息子には、それがとても負担になります。

スポンサーリンク

厳選したイベントだけを参加したとしても、本人が「楽しかった!」「僕も修学旅行に行けた」といい思い出になれば、

修学旅行に参加した意味が大いにあると思いました。

そして参加するにあたって、たくさんの金銭面が絡んできます。

バス代、高速代、施設の入場料金、宿泊代など、人数で割って計算するものや団体料金として割安に入れるものもあります。

息子は正直、前日まで「行く!」と言ってても「行かない」に変わる可能性はありました。

そのくらい不安定なので、親も同伴したいと思っているのですが・・・。

なので、初めから明確に、

「入場料金等は割高になってもいいので、個人料金で支払います」

「バス代、高速代は親が自家用車で連れていくので、人数に入れないでください」

「宿泊も親が近場を予約するので大丈夫です」とお伝えしました。

いつまでも出欠が曖昧では、そういった面で学校にもご迷惑がかかると思い、

そのように提案をさせていただきました。

担任の先生は「親御さんの気持ちは痛いほどわかる。しかし私の一存では答えられませんので、

一旦上に上げさせてください」と返事をいただきました。

そうなるだろうと思っていたので、私はお願いして学校をあとにしました。

発達障害の子供の修学旅行その2

まとめ

親が修学旅行へついていくというのは、学校の返事関係なく、そう簡単にできる事ではないと私は思います。

いろんな県をまたがり、ずっと息子と共に学校のバスを追っていく。

私は一人でそこまでの距離を運転することに自信がなかったので、主人にお願いするしかありません。

ですが、息子がパニックになった時に落ち着かせられるのは私ですから、私もついていかねばなりません。

家族総出で修学旅行の成功のために、全力で向き合う覚悟を決めたのです。

そういった思いが少しでも実を結び、子供の成功体験に繋がることを願ってやみません。

スポンサーリンク

 - 学校

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

発達障害の子供が学校に行けなくなって不登校になってしまったらどうしたらいい?

発達障害の診断がついてる子を育ててる家庭。 うちの子はもしかして発達障害かしら? …

発達障害の息子が修学旅行へ行けなかった理由は?

息子は特別支援級の情緒クラスに在籍しています。 支援が必要なだけではなく、不登校 …

発達障害児の息子が宿泊学習に参加できなかった理由

息子は発達障害があり、現在中2で不登校中です。 小5の宿泊学習を控えてる時期も保 …

発達障害の子供が中学校に進級するためにした準備と期間はどんなことが必要?

発達障害の子供が中学校にあがるためにどういったことをすればいいか、どんな準備をす …

発達障害の子供のために学校に個人支援計画という役立つツールがあるのを知っていますか?

みなさん、個人支援計画というものはご存知でしょうか? 地域によっては呼び名が微妙 …

広汎性発達障害の大学生が一番難しかったことは勉強じゃなかった。

広汎性発達障害の大学生が一番難しかったことは勉強じゃなかった。 スポンサーリンク …

給食を食べない発達障害の子供の学校の支援についてどう思う?

発達障害の子供は敏感なため偏食になることも多くあり、またなかなか学校に行けないと …

発達障害の子供はどの学校へ行かせるべき?支援学校?普通の学校?

さまざまな選択肢、どれを選べばいい? スポンサーリンク 発達障害の子供によっても …

発達障害児の息子が宿泊学習に参加するまでの学校との密な段取りは必須

小学校生活の中では、小5で行く宿泊学習と小6で行く修学旅行という2大イベントがあ …

発達障害&不登校の息子の為に宿泊学習に向けて事前にしたこと

いつもと違うことを好まない発達障害を持つお子さんが、親元を離れ其れも宿泊までする …