風が吹くまま

障がいがあっても風が吹くまま頑張っている人たちと一緒に

子供が発達障害かもしれないときにどの病院に行けばいい?検査はどんなことするの

   


子育てをしていると、あれ?もしかしたらこの子はほかの子供と違う?

と思ったりすることがあります。

そんな時最初にどこの病院に行けばいいのだろうと思いますよね。

うちの子供の場合の最初に病院に行ったときのことを交えてお話致します。

スポンサーリンク

子供が発達障害かもしれないとおもったらどの病院にいく?

我が家の場合は、下の子だったので、上の子と同じかかりつけの小児科がありました。

風邪をひけば、そこの小児科で診てもらっていました。

私が下の子が上の子と違うと思ったのは、とにかくよく昼間は寝る子だったんです。

でも二人目なので、上の子に手がかかる分、寝てくれているのは正直助かっていたので、さほど気にしていませんでした。

市の3か月検診の時にもなにも言われなかったし、本当にただよく寝る子だと思っていたぐらいです。

1ヶ月検診の前に、下の子が少し体調が悪かったので、いつもの小児科を受信しました。

そこで、先生が口にしたことに耳を疑いました。

10ヵ月ぐらいの子は足のつま先を膝の上に乗せた時なんかに

「ツンツン」ってするんですが(もっと5ヶ月過ぎにはするみたいです)

下の子はツンツンってしなかったんです。

そのこともあまり気にしてなくて、そうしたらその小児科の先生が

「この子は発達が少し遅いかも知れないですね。紹介状を書くのでこの病院に行ってみてください」と
言われました。

その病院が愛知県にある「コロニー」です。

コロニーという病院があるのは知っていました。

でもうちの子には関係ないと思っていました。

それが、紹介状を書いてもらって受信することになるとは・・・

愛知県のコロニーで発達障害の検査をしました。

かかりつけの小児科に紹介状を書いていただいて、コロニーに行きました。

とても混んでいて、いろんな障害をもったお子さんがたくさんみえました。

待ち時間もすごく長くて、子供はグズグズ言い出してしまってホントに疲れました。

診察をしてもらえたのは病院についてから2時間以上経ってからでした。

その時の先生は、特に病名をいうわけでもなく、

「次に脳波の検査をしましょう」と言われました。

予約を取って、次は脳波の検査です。

その予約も3か月先の話です。

私は、まだそんなに深刻になっていませんでした。

子供の発達障害の検査

コロニーでは発達障害の検査というよりは、脳の検査が中心でした。

スポンサーリンク

脳波の検査は薄暗い部屋で寝かされ、頭にいくつかの機械をつけられて1時間半ぐらいそこにいたかな~。

子供はぐっすり寝てるので、私はすることもなく、薄暗いので私もウトウトしていました。

つぎの診察のときに結果を聞いたのですが、脳波は異常がなく、今度はMRIをとることになりました。

またつぎの診察の時にMRIを撮って、その結果は特に問題なし。

そうこうして何回もコロニーに通っているのに結局、正式な診断名を聞くことはなかったです。

でも1歳過ぎても、歩かないし、よだれも多かったし、一言も喃語も言わなかったので、やっぱりこの子は何か障害があるのだということはわかりました。

病院の先生から特に何か言われたわけではないですけどね。

それでも、3ヶ月に1回ぐらいの割合で愛知県のコロニーに通いました。

だけど、小学校にあがる段階で、もうコロニーには行かなくなりました。

それは、地元で療育センターに通うようになっていて、言語のリハビリの先生が月に1回訪問してくださっていて、療育の先生がリハビリの先生を紹介してくださって、何度か療育センター内でリハビリを受けました。

そのリハビリの先生から小児精神科の先生を紹介してもらって、小児精神科の先生の予約をとりました。

その小児精神科の先生の予約は取りずらく、一ヶ月に1回の電話で受付のみですぐにいっぱいになってしまうからです。

私は運良くすぐにその電話が繋がって、予約を取ることができました。

予約が取れない場合はまた翌月にチャレンジするしかなく、何度やってもなかなか予約がとれない人も多くいました。

その小児精神科の先生の予約が取れてたので、コロニーはやめることにしたんです。

小児精神科の先生にはじめて診断名をつけていただきました。

それは「精神発達遅延」という発達が遅いという診断でした。

その先生とリハビリの先生は、保育園のころからお世話になっていて、もう下の子は中学3年生なので、本当に長く診てもらっています。

小児精神科の先生もリハビリの先生もとてもいい先生なので、本当にありがたいと思います。

子供だけでなく、私の話にも耳をかたむけてくれるので、はじめて小児精神科を受信した時に、先生の前で

「私のせいなんでしょうか?」と泣いてしまいました。

先生は

「お母さんのせいじゃないですよ。よくがんばっていますよ。」と言われ、本当に救われた気持ちになったことを忘れることはありません。

まとめ

病院は当たり外れがあると思います。
それに相性もすごくあります。

私は運良くいい病院に出会えて、いい先生方に出会うことができたのでとてもよかったと思っています。

障害の症状はそのこによって違いますが、より親身になってくれる病院や先生に出会えることをお祈りします。

納得ができなければ、病院を変えてもいいと思います。

お母さんもお子さんも安心できる先生に出会えるといいですね。

スポンサーリンク

 - 病院

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした