風が吹くまま

障がいがあっても風が吹くまま頑張っている人たちと一緒に

子供の睡眠障害が発達障害と深い関係があるの?どのように接すればいい?

   

発達障害の子どもはいろいろな問題を
抱えて生活をすることになりますが、その中でも、気を付けておきたいのが
睡眠障害。
発達障害の子どもの場合、
一般的な人とはまた別に睡眠障害が
起きやすい原因があるようです。
生活サイクルにも関わる大事なこと
なので、気を付けていきたいですね。

スポンサーリンク

発達障害の子どもは睡眠障害になりやすい

睡眠障害というと、眠れない、
早く起きてしまうなど、眠りに
関する色々な障害ですね。
放っておくとうつ病になってしまう、
とも言われているので、睡眠障害は
誰でも気を付けておきたい不調です。

さて、発達障害の子どもの場合、
普通の人よりも睡眠障害になりやすいのだそうです。
発達障害の二次障害としてうつ病も
挙げられているので、睡眠障害を
放っておく訳にはいきません。

できれば毎日、睡眠障害に
ならないような生活を、
心がけさせてあげたいところです。

発達障害の睡眠障害は睡眠サイクルに関わってくる

発達障害の子どもに起きやすい
睡眠障害は、二次障害としても
注意しておきたい問題です。
寝付きが悪い、小さな音などで
目を覚まして、なかなか寝ないなど、
睡眠のリズムが安定しにくいことが
多いです。

こうしたちょっとしたことで
睡眠時間がズレてしまうと、
発達障害の子どもは普通の人より
元の睡眠時間、サイクルに戻すのも
難しいんです。

何故睡眠サイクルを作りにくいかと
いうと、発達障害の子どもは、
普通より敏感な感覚を持っている分、
寝る際もいろんな音や光を拾っている
可能性があります。
このため、寝ることに集中しにくい
子が多いのです。

発達障害の睡眠障害は脳自体にも問題があるようです

感覚以外にも、発達障害の人は
睡眠障害になりやすい問題が
あるようです。

広汎性発達障害、ADHDのどちらにも
言えることですが、発達障害の
子どもは脳内のセロトニンが
不足しやすい、と言われています。
セロトニンはリラックス効果があると
も言われ、睡眠にも関わってくるので、
これが少ないと不安感が増し、
寝付きにくくなるんです。

また、不安感やストレスが強い
状態だと、発達障害の子どもは
より多くの音や光を拾ってしまい、
ストレスが増えるという悪循環に
なってしまいます。
結果として、更に眠れなくなるのです。

スポンサーリンク

私は成人してから発達障害であると
診断された人間であるのですが、
睡眠障害もあわせて発症していました。

寝る度に騒がしく眩しいので、
小さい頃から寝にくかった経験も
多かったです。
とはいえ、一見静かな室内で、
何がうるさいんだと思う人も
いるのではないでしょうか。

私の場合、遠くを走る車の音や、
エアコンの音が耳に入ってくることが
多かったです。
光も、家の外の街灯など、
ちょっとした光です。
それが眩しい上にうるさいのに、
家族にはなんともないのが
不思議でなりませんでした。

見出し③ 発達障害の子どもの睡眠を安定させてあげるには

発達障害の子どもが寝付きにくいなら、
やはりいろんな方法を使って、
安定して寝付けるように
してあげるのが一番です。

ある程度大きくなった子どもの
睡眠障害には、よく使われる手段で
眠りやすくするといいでしょう。

具体的には、こんな感じです。

・日中しっかり活動させる

・朝に日光をしっかり浴びさせる

・眠る間際に食べ物を食べない

・パソコンやゲーム、スマートフォン
 は眠る間際まで使わせない
 
・コーヒー、紅茶などのカフェインの
 ある物をさける
 
・アロマオイル(ラベンダーなど)を
 使う
 
・カーテンを光をさえぎる物に変える

・耳せん、アイマスクを使う

・子どもが気に入る触感の布団、
 シーツなどに変える
 
・毎日決まった時間に眠り、
 決まった時間に起きるようにさせる

これらの方法を用いて、少しでも
寝付きやすくしてあげましょう。

ただ、アロマオイルは匂いに敏感な
子どもが、耳せんやアイマスクは
触覚が敏感な子どもが嫌がることも
あるかもしれません。
この点は気を付けておきましょう。

発達障害の子どもには寝る時の環境もしっかり作ってあげよう

発達障害の子どもにとって、
睡眠ができないのはよりストレスを
溜める原因にもなってしまいます。
ですがその睡眠をしやすくするのは、
特別な道具を使わなくても簡単に
改善してあげられます。

一番大事なことは、発達障害の
子どもの気が散るものが少ない、
リラックスできる環境で眠らせて
あげること。
それを踏まえて、ゆっくり眠れる
環境を作ってあげたいですね。

まとめ

睡眠障害だけの問題ではなく発達障害の子供が抱える問題の一つにもなっています。

寝れない、起きれない、など睡眠障害があるようであれば発達障害かもと少し頭の片隅に置いておくといいでしょう。

スポンサーリンク

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

発達障害の子供との関わり方で臨機応変が難しい時の対応は?我が家の工夫をご紹介!

私の息子は現在中学2年生です。 以前からその場に合った対応、状況に合わせた行動と …

広汎性発達障害の記憶はほかの人が驚くほどすごいこともあるけど困ったこともある!

スポンサーリンク 「どうしてわかるの?」がわからない不思議な頭されることも・・・ …

発達障害の検査方法を子供の場合はどんなことするの?

スポンサーリンク もしかして、うちの子に発達障害があるんじゃないかとちょっと心配 …

広汎性発達障害の大人の接し方で気をつけることは?

社会に出ると、「空気が読めない」「場に適さない発言をする」などの行為によって人間 …

発達障害をもつ子供さんを育てる方におススメの本!

私の息子はADHDで、その中でもいわゆるジャイアン型と言われるタイプです。 のび …

発達障害の子供の習い事はどうする?何を基準に選ぶ?伸ばしたいのは何?

スポンサーリンク 発達障害の子供に何か習い事をさせるならどんなものがいいのだろう …

発達障害の子供の薬でストラテラを試そうか悩んでいる方へ

発達障害の子供の薬については賛否両論があるかと思います。 私の息子は小6の終わり …

発達障害の子供は苦手なことがたくさん?日常のこんなことも苦手なの?

発達障害の子供はにはいろんな苦手があります。 例えば自由にしてもいいと言われると …

発達障害の子供はいつかは治るの?どうすればいい?

発達障害の子供を持つ親は少なからずいつかは治るのだろうかと淡い期待はしているので …

発達障害の子供かどうかのグレーゾーンである息子の苦悩

発達障害の子供かどうかまだなんとも言えないとうグレーゾーンの枠にいる子供たちはた …