風が吹くまま

障がいがあっても風が吹くまま頑張っている人たちと一緒に

発達障害の子供のために学校に個人支援計画という役立つツールがあるのを知っていますか?

   

みなさん、個人支援計画というものはご存知でしょうか?

地域によっては呼び名が微妙に変わり、「教育支援計画」とも言われているそうです。

私の息子は小学3年生に、普通級から支援級へ籍を移すことになりました。

しかし、この「個人支援計画」の存在を初めて知ったのは小5の時です。

もっと早い段階で知っていればよかったなぁと思ったので、もし知らない方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

発達障害の子供には学校で先生が移動されるときの申し送りがとても重要!

小学校の時の話になります。

私の息子はたくさんの特性を持ったADHDとPDDです。

支援する側の細やかなフォローやちょっとしたミスで、天国と地獄の差が起きるほど、息子にとってはデリケートな時期でもありました。

変化に弱い息子にとって、毎年の担任の先生の交代は気持ちが落ち着かない出来事です。

担任は変われど、学校に残ってくだされば少しは息子の気持ちも安心するのでしょうが、そうはいかないのが学校のシステムです。

「今年は残ってくれるかな?」と3月終わりになれば、親の私たちもハラハラする毎年なのですが、いつの日か異動があるのは避けられません。

前任の先生には次の担任の先生への申し送りをしっかりとお願いしますが、

私たちですら、「あれ?ちゃんと先生に全部伝えられたかな?」と思う事も多々です。

どこまで親にとっての伝えてほしいことが伝わってるか分かりません。

スポンサーリンク

そこで毎年新学期になると、校長先生が変われば校長先生と、そして新しい担任の先生に息子の詳しい状況をお伝えしに伺います。

それを毎年繰り返していましたが、小5になって個人支援計画というものを知ることになったのです。

個人支援計画の使い方

個人支援計画とは学校が作ってくださるもので、本人の状況に合わせた目標、支援、出来るようになったこと、親の要望など細やかに文字化した計画書です。

この計画書があることによって、息子に関わる人たちが共通の理解と支援をすることができ、人によって対応が変わる・・・という息子にとっては重大な混乱を避ける事ができるようになります。

そして先ほど述べたような、学年が変わるごとに状況を伝えにいかねばならないという事態も解消されることとなりました。

小学校の場合のみでなく、小学校から中学校への申し送りとしても大変便利なツールとなり、これから待ち受ける高校進学にも大事な資料となっていくでしょう。

まとめ

支援計画を作成するにあたり、学校とも密に情報を交換することが増え、

双方の意識の違いやズレを修正しながら、息子を見ていけるのはこれからの成長に大きな差が出ると思います。

意外と学校で見せる顔と、家庭で見せる顔は全然違う事も多いんですよね。

そしてこの書類は、学校生活が終わったら終わりってことではありません。

その後就労する場合や医療機関、福祉機関へも必要に応じて参考になる書類でもあります。

支援級に在籍していなくても、学校生活に困難を抱えてるお子さんには作成していただける書類だそうですので、心当たりがある方はぜひ一度学校へ問い合わせてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

 - 学校

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

発達障害&不登校の息子の為に宿泊学習に向けて事前にしたこと

いつもと違うことを好まない発達障害を持つお子さんが、親元を離れ其れも宿泊までする …

発達障害の子供はどの学校へ行かせるべき?支援学校?普通の学校?

さまざまな選択肢、どれを選べばいい? スポンサーリンク 発達障害の子供によっても …

発達障害の子供が学校へ行くのが楽しいと思えるのは先生による?

発達障害の子供が学校に楽しく行くことができるのはいろんな要素が必要になります。 …

給食を食べない発達障害の子供の学校の支援についてどう思う?

発達障害の子供は敏感なため偏食になることも多くあり、またなかなか学校に行けないと …

発達障害の子供が勉強出来る場所は?支援級だと勉強が遅れる?

発達障害の子供が勉強に取り組む場所として、通常学級または支援学級のどちらにするか …

発達障害の子供が学校に行けなくなって不登校になってしまったらどうしたらいい?

発達障害の診断がついてる子を育ててる家庭。 うちの子はもしかして発達障害かしら? …

発達障害の子供の学校(進路)の選択肢と親ができることは?

発達障害の子供の行く学校はどうやって選べばいいのでしょうか? 私が幼少期の頃より …

子供の偏食と発達障害の関係は?原因はこだわりからきてるの?

スポンサーリンク 子どもの頃、あれが嫌い、これが食べたくないというのは誰にでもあ …

発達障害児の息子が宿泊学習に参加するまでの学校との密な段取りは必須

小学校生活の中では、小5で行く宿泊学習と小6で行く修学旅行という2大イベントがあ …

発達障害の息子が修学旅行へ行けなかった理由は?

息子は特別支援級の情緒クラスに在籍しています。 支援が必要なだけではなく、不登校 …