風が吹くまま

障がいがあっても風が吹くまま頑張っている人たちと一緒に

空気が読めないと職場で困ることは?

   

職場の中には必ずと言って空気が読めない方はいますよね?

これは職場に限らず、学校もそうですし、どの組織にもいます。

ある説では「発達障害系」の方々は日本人の8%前後はその傾向であると言われています。

今回は空気が読めないなど、発達傾向のある方への対処法についてお伝えします。

スポンサーリンク

発達障害系の空気が読めない方々の職場での傾向!

空気が読めないと一般的に言われる発達障害。

一般的に発達障害のある方の傾向は以下です。

・相手目線になれない
 自分の視点中心に考えてしまうなど
・思ったことを言ってしまう
 多動性、衝動性があり、思ったことをすぐに言ってしまうなど
・ミスが多い
 注意欠陥があり、安易に考えてしまうなど
・言葉の意味が理解できない
 コミュニケーションが苦手で、長い文脈や行間を読むことができないなど
・急な予定の変更ができない
 規則性に安心し、突発的なものを嫌うなど
・優先順位が分からない
 仕事を何から始めればいいのか、わからなくなってしまうなど
・興味関心に偏りがある
 興味のない物事には携わらないなど
・同時に二つのことができない
 一つのことしか見えなくなってしまう

スポンサーリンク

などなど

このような方、職場におりませんか?
必ず1人はいますよね。
いわゆ空気が読めない人です。

空気って、そもそも誰の空気?

一方、「空気が読めない」という側の人にも問題があるケースもあります。

例えばですが、ある職場にアフリカ人が急に赴任したとします。

日本語も、日本の慣習も、日本の独特な風習も、理解していないとします。

彼は「空気が読めない」ことは当たり前ですよね。

もしそのような外国人を受け入れることができない職場の場合、「空気が読めない」という職場自体の「空気」に問題があるケースもあります。

その「空気」は誰の「空気」ですか?

つまり、一つの価値観を強く押し付けてしまうことを「空気」と表現するケースも少なくありません。

あるブラック企業は発達障害の有無を一定量把握できるチェックリストを実施して、特定の価値観の合わない社員をあぶり出し、部署異動の理由に使うというケースもあると聞きます。

まとめ

一般的に発達障害の方は空気が読めないと言われています。

しかし、「空気が読めない」方が多い職場の場合、そもそもその職場の「空気」自体に問題があるケースもあります。

その「空気が読めない」方々を理解し、配慮することで思った以上に能力を発揮するケースもあります。

「空気の読めない人」を排除するのではなく、逆に理解しようとする視点、包み込むことが「良い空気」となる原点ではないでしょうか。

スポンサーリンク

 - 仕事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

発達障害の人は仕事のミスが多い?防ぐにはどうしたらいい?

スポンサーリンク 仕事をする上でミスはつきものですよね! 一般の方も毎日多くのミ …

発達障害の軽度の人が仕事するためには?

スポンサーリンク 発達障害の方が仕事をする場合、多くの場合は「障害者雇用枠」で企 …

アスペルガーの人が仕事で成功するには?向いている職業は?

アスペルガー症候群の方がどのような仕事で成功するのでしょうか。 スポンサーリンク …

発達障害の人の仕事の探し方で覚えておいたほうがいいことは?

スポンサーリンク 以前障害者雇用をすすめる人事部の方々と多く関わる仕事をしており …

広汎性発達障害における睡眠と就業は関係するの?

スポンサーリンク 広汎性発達障害において睡眠障害をお持ちの方が多くいらっしゃいま …

発達障害者が仕事を辞めたいと言ってきた時の対処法は?

発達障害者が働くということ 私の兄は軽度の発達障害です。 普通に就職をし、普通に …

発達障害に関わる仕事と受け入れ体制について

スポンサーリンク 企業にとって障害者雇用の採用ニーズはどのようなものでしょうか。 …

発達障害の人への仕事の教え方でちょっとしたコツがある!

スポンサーリンク 発達障害の方々が一般の職場で働く段階でさまざまな問題が出てきま …

自閉症の大人の関わり方で職場での特性を活かした仕事ができる?

スポンサーリンク 自閉症の方が近くにいらっしゃる方も多いかと思います。 今回は大 …

発達障害者が仕事をする上での工夫するといいことは?

発達障害者も健常者と働ける スポンサーリンク 私の兄は高校卒業後すぐに工場に就職 …