風が吹くまま

障がいがあっても風が吹くまま頑張っている人たちと一緒に

発達障害の子供の教育は勉強の成績だけではない?

   

発達障害の子供の教育においてはいろんな指導方法があると思います。

教育といえば勉強の事だけを考えてしまいがちですが、発達障害の子供にとっての教育は何も算数や国語ができればいいわけではないのです。

その子にとって生きやすくするためにどうしたらいいかを学ぶことが教育であると思います。

今回はできる力について我が家の子供を通してご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

テストの点が気になりますか?

祖母は子供の教育にとっても関心があります。

あれしろこれしろとは言いませんが、夏休みなど実家に帰ると

「算数のこんな問題ができないよ。」とか
「計算遅いんちゃう。」とか

出来ないことを指摘してきます。

「普通の子と比べないで!」っていつも言いますが、やらせたらできるのに、私がやらせていないと思っているようです。

頭が良いってどういうこと?

計算が速くできるのがいいと思いますか?

もちろん、計算が速くできる方がいいと思います。
でも、私は計算が速くできることだけがいいとは思いません。

計算が速くできたり、漢字をいっぱい覚えたり、テストで100点をたくさん取ったりできる子は取っても頭が良いと思います。

でも、頭が良いのはそういう子だけでないと思います。

祖母はテストの点を気にするタイプです。

でも、テストの点以外でも頭の良い子はいます。

図工で工夫して工作できる子。
困った時にこうしたら解決できるのでは?と考えられる子。
仲間外れを作らずみんなと元気に仲良く遊べる子。

スポンサーリンク

長男の勉強面での頭の良さを諦めたわけではありませんが、私は工夫できる頭の良さを子供たちには持ってほしいと思っています。

自分で考える力

長男は小さい頃から自分でできないことは何でも「やって。」でした。

言葉に出して言えない時は泣いてばかり。

どうしてほしいのかも分からないので私は困り果てる一方でした。

お茶をコップに入れたり、ティッシュで拭いたり、少し大きくなって自分で出来るようなことも「やって。」だったので自分で出来るでしょって言ったら「ママがやって。」と泣き叫びました。

ママは何でもできると思っていたようで、アゲハ蝶を取ってだとか、妖怪ウォッチの絵を描いてだとかママにはできないって言っても分からないようでした。

自分で少し考えられるようになったきっかけは折り紙でした。

折り紙に興味を持ち始めた時、始めは「これママが折って。」でした。

それから、「これはどうやって折るの?」とか「ここまで折ったけど続きは分からんからママが折って。」とか少し自分で考えて折れるようになりました。

インターネットで折り方を見ながら真似をして折れるようになるとママにも折れない難しい折り方があることを知ったようで、ママにも出来ないことがあると理解したようでした。

自分で考える力は成長するのにとっても大切な力です。

自分で考える力をどう教えるのか、私の課題でもあります。

まとめ

勉強や成績にはかり目がいって、普通の子と比べたりして大切なことを見逃してしまうことはとても恐ろしいと思います。

何がきっかけで子供は気づくか、理解できるかわかりません。

ちょっとしたきっかけを見逃さないように毎日アンテナを張っていたいと思います。

スポンサーリンク

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

広汎性発達障害の特別児童扶養手当を知っていますか?

特別児童扶養手当を受けるようになって、6年目になります。 スポンサーリンク この …

発達障害かもしれない子供のグレーゾーンってどこからどこまで?

発達障害かもしれない子供って「かも?」って思うけどどうなんかちょっとわかりずらい …

発達障害の子供は歯医者が苦手な子が多い?どうやって連れて行く?

発達障害の子供が歯医者が苦手な理由 まず、発達障害の子供においてはどの病院であっ …

発達障害の子供は苦手なことがたくさん?日常のこんなことも苦手なの?

発達障害の子供はにはいろんな苦手があります。 例えば自由にしてもいいと言われると …

発達障害の検査方法を子供の場合はどんなことするの?

スポンサーリンク もしかして、うちの子に発達障害があるんじゃないかとちょっと心配 …

子供が発達障害の場合のストレスの感じ方は?ほかの人よりも敏感なの?

子供が発達障害の場合のストレスはほかから見たらほんの些細なことかもしれません。 …

発達障害の聴覚過敏の子供の対応の仕方は?どんな音に聞こえてるの?

私の息子は小さな頃から音と匂いに敏感でした。 スポンサーリンク 過度に反応するた …

発達障害の子が苦手を克服するためには?根気よくコツコツと続ける方法は?

字が汚くても、適切な支援で克服を! 息子は現在中学二年生ですが、字を書くようにな …

発達障害の子供の育て方で昼夜逆転を阻止するよりも大事なこととは?

息子は小2で不登校になりました。 スポンサーリンク 5年生の頃までは、小さい頃か …

発達障害の子供かどうかのグレーゾーンである息子の苦悩

発達障害の子供かどうかまだなんとも言えないとうグレーゾーンの枠にいる子供たちはた …