風が吹くまま

障がいがあっても風が吹くまま頑張っている人たちと一緒に

発達障害の人が仕事をクビになる理由は?

   

以前障害者雇用の採用と定着支援などの仕事をしておりました。

その際、発達障害の方が退職に至るケースが多くありました。

発達障害の方がクビになってしまうと次の仕事を探すのに大変な思いをされたりするので、できればクビにならないようにしたいものです。

今回はどのようなケースで仕事をクビになったり、退職に至るケースとなるかお伝えします!

スポンサーリンク

仕事をクビになってしまったケース

昨今、30代または40代になって初めて「発達障害」という診断となり手帳を保有する方々が増加しています。

こういった方々は得てして高学歴な方が多く、大学卒業者はもちろんのこと、大学院卒業の博士号取得者もいらっしゃいます。

海外留学経験者などもおり、語学や数学なども非常にレベルの高い能力をお持ちの方が見られます。

しかし、30代や40代で改めて手帳を取得した背景もあり、職を転々とし、それぞれの職場では一定のトラブルなどが発生していたケースも多くあります。

こういった方々が一般的なアスペルガー傾向の方々よりも多少安定就業が難しいといったケースが多くみられました。

以下一例です。40代女性、高学歴の発達障害、事務職のケース。

入社後当初3カ月は安定した就業をみせ、能力を発揮しておりました。

ところが、3カ月経過した頃から、同僚との些細なトラブルが徐々に増えてゆき、上司には「仕事が少ないから増やしてほしい」と伝え、多少仕事量増加したら「仕事が多すぎる」という内容に急激に変化、
些細な内容にも声を荒げるような状況にまで至ってしまったケースです。

事あるごとにトラブルが発生し、上司にまで声を荒げ、周りの方々の仕事にまで影響が出てしまい、本人と話し合った結果退職となってしまったケースです。

職も転々として6回ほどの転職を繰り返しておりました。

最終的には机やごみ箱などを蹴るなど一緒に働く同僚にも影響が出てしまったケースで実際長期就労が難しい状況でした。

スポンサーリンク

昨今増えている発達障害の方の応募

昨今障害者雇用を推進していると大きな変化が見えてきます。

以前は身体障害の方が応募者の大半を占めるケースが多かったのですが、昨今は精神障害と発達障害の方が応募するケースが急増しています。

背景は人気のある身体障害者の方々が長期就業に至り、数自体減少していることと、逆に精神障害と発達障害の方が増加しているという背景があります。

特に発達障害の方が応募してくる中に、一つの大きな特徴が増えています。

それは40代以降の方々の応募です。

発達障害は読んでその名の通り、そもそも幼少期にその障害が分かり、手帳発行となるケースが大半でした。
しかし、昨今のケースは、学卒後、社会経験を積んだのちに、手帳を保持するというケースの方々です。

ご存知の通り、発達障害の方は知的障害の方と比べてもIQに関しては大半は問題がありません。

つまり、幼少の頃には集団でも多少問題があっても、普通クラスでそれほど大きな問題を抱えず、高校や大学を卒業する方も多くおります。

しかし、社会人に入ったタイミングで業務上集団としての行動に問題が明確となり、職を転々とし、何かおかしいかなという周りのアドバイスもあって、受診すると診断されるケースです。

このケースの場合、30代、または40代になってから改めて手帳を保持することとなります。

今、こういった方が転職市場に多くいらっしゃいます。

まとめ

一部ではありますが、学生時代に比較的勉強ができた方が多く、プライドも一定以上もっていらっしゃったり、また既に今まで過ごしてきた価値観なども確立しており、自らを省みることが少ない傾向もあるかもしれません。

しかしながら、30代、40代に改めて手帳を取得した方々が全員トラブルを起こすということはありません。

そうではない方のほうが圧倒的に多いのですが、とはいえ、実際、発達障害の方々は仕事能力は人並み以上にありますので、その能力を十分生かせるような就業環境を提供することも一つかもしれません。

昨今は企業が働き方の多様化も進めておりますので、例えば在宅就業であったり、活躍できる就業環境を選択できるような機会が増えることを望ます。

スポンサーリンク

 - 仕事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

自閉症の大人の関わり方で職場での特性を活かした仕事ができる?

スポンサーリンク 自閉症の方が近くにいらっしゃる方も多いかと思います。 今回は大 …

発達障害の人のできる仕事の探し方は?

発達障害はどのような仕事が向いているかご存知でしょうか。 スポンサーリンク 現在 …

発達障害の人は仕事のミスが多い?防ぐにはどうしたらいい?

スポンサーリンク 仕事をする上でミスはつきものですよね! 一般の方も毎日多くのミ …

発達障害の軽度の人が仕事するためには?

スポンサーリンク 発達障害の方が仕事をする場合、多くの場合は「障害者雇用枠」で企 …

知的障害の軽度な人の向いている仕事はどんなものがある?

スポンサーリンク 軽度な知的障害を持っている方は見た目はわからないことがあります …

発達障害者が仕事をする上での工夫するといいことは?

発達障害者も健常者と働ける スポンサーリンク 私の兄は高校卒業後すぐに工場に就職 …

発達障害に関わる仕事と受け入れ体制について

スポンサーリンク 企業にとって障害者雇用の採用ニーズはどのようなものでしょうか。 …

空気が読めないと職場で困ることは?

スポンサーリンク 職場の中には必ずと言って空気が読めない方はいますよね? これは …

発達障害者が仕事を辞めたいと言ってきた時の対処法は?

発達障害者が働くということ 私の兄は軽度の発達障害です。 普通に就職をし、普通に …

発達障害の人への仕事の教え方でちょっとしたコツがある!

スポンサーリンク 発達障害の方々が一般の職場で働く段階でさまざまな問題が出てきま …