風が吹くまま

障がいがあっても風が吹くまま頑張っている人たちと一緒に

発達障害の人のできる仕事の探し方は?

   

発達障害はどのような仕事が向いているかご存知でしょうか。

現在、発達障害の傾向があるとご家族が感じている方、またはすでにお手帳を持っていて、これから就職を考えている方へ、少しでもお役にたてればと思います!

私は障害者施設で約5年間ビジネスサポートを行ってきました。多くの発達障害の方々と就業先の企業担当者様と一緒になって業務の確立、中長期就労に向けた支援を行ってきました。

その中で、今回はデスクワーク、パソコンを使った業務を考えている方に向けてお伝えします!

スポンサーリンク

発達障害の方のできる仕事の探し方は?

ご家族やご友人、周りの方々が発達障害、もしくはその傾向がある方が、一番気になるとは「就職」ですよね!

どんな仕事がいいのか、ちゃんと働いていけるのか、心配となっているかもしれませんね。

でも大丈夫!

実は一般社会で発達障害傾向の方が実際非常に多く、一説によると発達障害および発達障害傾向のある方は国内全体の7~8%近くに達していると云われています。

つまり、10人に1人はその傾向で、どの会社にも、どの部署にもほぼ必ずといっていいほどいらっしゃるのです。

安心してください。

また昨今は就業環境も改善しつつありまして、国が起業に対し、定めた障害者法定雇用率が上がってきており、現在50人以上の企業はこの法定雇用率を達成すべく、障害者を積極採用しています。

身体障害の他、精神障害、発達障害の方々の就業機会が徐々に増えてきていますので、以前に比べ就業しやすくなっているというは私の実感です。

また昨今では「人材の多様化」というキーワードで多種多様な人材を長期就労に向けて積極的に進めている企業も以前よりも増えてきています。

こういった背景から就業の可能性は広がっています。
まずは安心してくださいね。

めざせ!専門職!でも一般事務でも大丈夫!

でも、どのような仕事が向いているのか、私の経験でお伝えさせていただきます。

まずお伝えしたいのは発達障害の方々はIQ(知的指数)などはほとんど一般の方と変わらないということです。

いいえ、それ以上の方も多いのが発達障害の方々の特徴です。

スポンサーリンク

つまり、物覚え、業務遂行能力などは普通以上な方が多いのです!

実際に発達障害の方は大卒の方も非常に多く、中には博士号をもっている方もいらっしゃいますし、米国の有名なITベンチャーの聖地、シリコンバレーで活躍している人の約30%は、発達障害、または発達障害傾向の方々だと云われています。

つまり、能力を発揮さえできれば、必要な人材になりうるのです!

ただし、1点、留意点としましては、発達障害、特にアスペルバー傾向の方は興味関心のないことは見向きもしないので、この興味関心がどのような領域なのかを理解する必要はあります。

私が関わった40代男性発達障害(アスペルガー)の方の事例としましては、もともと集中力に優れ、そして興味のあったパソコン操作を生かし、少しずつIT技術を覚え、東証一部上場有名IT企業に就職していきました。

今では同社にとって不可欠な人材になりつつあります。

このように興味関心のある領域で活躍も十分に可能なんですね。

私が最近特に感じていることは、以前に比べ、仕事の中身は「パソコン操作」業務が飛躍的に増加しているなあ、と感じます。

もし、発達障害の方がパソコン操作を得意になることができれば、デザイナーやプログラマーにならなくても、一般事務職で活躍ができます。

パソコン業務、デスクワークは可能性を大きく広げることができますし、就業の幅が広がると確信しています。

しかし、このようなパソコン業務等で就業する上で1点、留意点もあります。
それは「環境」の整備です。

上司の指示や、同僚のコミュニケーションなどは非常に不得手な方が多く、組織としての連携は難しい傾向にあります。複数の上司が、複数の指示となった場合、必ず混乱してしまいますし、チームコミュニケーションも成立しない傾向があります。

その場合、やはり上司や組織の理解が必要ですので、「障害者枠」での就業、もしくはきちんと上司や組織に理解していただいた上での入社が好ましいです。

昨今は理解ある企業も増えていますので、事前にこのあたりは確認していく必要はあります。

間違ってもブラック企業はダメです(笑)

まとめ

発達障害の方が向いている仕事は以下です。

① 集中力を生かし、1人でも遂行できる業務が好ましい!
② 昨今、企業全体業務の中でもパソコン業務は非常に増えており、就業する上で有効な職業能力となっています。
③ 組織の方々の理解を得ることで長期就労が可能となります。

以上です。

発達障害はだれでもその傾向はある障害で、多少その傾向が強いだけです。一般の方以上の能力発揮も十分可能です。ぜひ、能力を発揮できる業務と巡り合ってくださいね!

スポンサーリンク

 - 仕事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

発達障害の人の仕事の探し方で覚えておいたほうがいいことは?

スポンサーリンク 以前障害者雇用をすすめる人事部の方々と多く関わる仕事をしており …

知的障害の軽度な人の向いている仕事はどんなものがある?

スポンサーリンク 軽度な知的障害を持っている方は見た目はわからないことがあります …

空気が読めないと職場で困ることは?

スポンサーリンク 職場の中には必ずと言って空気が読めない方はいますよね? これは …

発達障害の人は仕事のミスが多い?防ぐにはどうしたらいい?

スポンサーリンク 仕事をする上でミスはつきものですよね! 一般の方も毎日多くのミ …

アスペルガーの人が仕事で成功するには?向いている職業は?

アスペルガー症候群の方がどのような仕事で成功するのでしょうか。 スポンサーリンク …

発達障害の人への仕事の教え方でちょっとしたコツがある!

スポンサーリンク 発達障害の方々が一般の職場で働く段階でさまざまな問題が出てきま …

発達障害に関わる仕事と受け入れ体制について

スポンサーリンク 企業にとって障害者雇用の採用ニーズはどのようなものでしょうか。 …

発達障害の軽度の人が仕事するためには?

スポンサーリンク 発達障害の方が仕事をする場合、多くの場合は「障害者雇用枠」で企 …

発達障害者が仕事を辞めたいと言ってきた時の対処法は?

発達障害者が働くということ 私の兄は軽度の発達障害です。 普通に就職をし、普通に …

広汎性発達障害における睡眠と就業は関係するの?

スポンサーリンク 広汎性発達障害において睡眠障害をお持ちの方が多くいらっしゃいま …